Profile

 山田壮晃&ザ・ビッグバンオーケストラ with 有桂

山田壮晃(Ts)率いる18人編成のオーケストラです。

8ブラス(4トランペット、4トロンボーン)、5サックス(2アルト、2テナー、バリトン)に、リズム隊は、ピアノ、ギター、ベース、ドラムの4リズムでこれに有桂のボーカルが加わり18人編成のプロのオーケストラです。

すべて山田壮晃のアレンジにより、オリジナルナンバーを中心にスタンダードも取り混ぜ、4ビート主体のストレートアヘッドなスタイルです。

平均年齢40〜50代のベンテランプロで構成され、エネルギッシュなサウンドでのステージが売りです。 現在六本木のサテンドールなどのライブハウスや、都内のビッグイベントやジャズフェスティバルに出演。

Members

Tp 田中哲也 浦田雄揮 鈴木正晃 三上貴大
Trb 花島英三郎 大畠宏暢 東條あづさ 渡辺亮 
Ts 山田壮晃 皆川亨 As 小林哲男 町野正志 Bs 土田さとし 
P 続木徹 B 新岡誠 G 笈沼健司 Ds 山下暢彦 

Members


山田壮晃
早稲田大学理工学部出身。22 才よりダンスバンドの草分けであるダウンビーツに入団し、以後いくつかのバンドを経て25 才に奨学金を得て米国バークリー音楽院へ留学。ビル・ピアス氏に師事。サックスの奏法とアンサンブル理論を学ぶ。帰国後森寿男とブルーコーツ、三原綱木とニューブリードに在団。退団後、ニューオータニなどの
一流ホテルで活動。現在フリーとなり1992 年に自己のフルバンド「山田壮晃(Ts) &ビッグバンオーケストラ with 有桂(Vo)」を結成し1995 年より演奏活動を開始。オリジナルを中心に録音したCD「Strange Community」「Chasing You!!!」やデューク・エリントン生誕100 年に向けて「CARAVAN」「Mellow Tone」を立て続けにリリースし、昭和歌謡を集めた「甦る!昭和ジャズ黄金時代Vol.1」を発表。

2013 年に山田壮晃独自の世界観したナンバーや、ゲスト大森明(As)のアレンジも収録した「New Birth」、
2014 年には五十嵐明要(As)をゲストに迎え「Plays Standards」を発表。
オーケストラ以外にはSax カルテットの「メロートーン」や5Sax+Tp+3 リズムの「スィートサックス」を結成。また昨年からは 5 SAX+3 リズムの「ビッグバン5SAX」は定期的にライブハウスで活動、2014 年からはTp(トランペット)、Ts(テナーサックス)、As(アルトサックス)、に3リズム(ピアノ、ベース、ドラム)の3管編成バンド「山田壮晃(Ts)&メロートーンwith 有桂(Vo)」は現在も定期的にライブ活動している。

すべてのアレンジを手がけ,山田壮晃ならではのモダンなサウンドに仕上げ、オーケストラ同様、好評を得ている。また「うめ吉」(唄/三味線)のグループなどにも参加し、ジャンルにとらわれず幅広い音楽性を発揮している。ビッグバンドのアレンジャー&Composer であり、ビッグバンド譜面のスペシャリストとして、多くのヴォーカルを含めたミュージシャンからの支持も厚い。



Vo 有桂
京都外国語大学で英米語を学び、在学中から軽音楽部に所属し、学生プロジャズシンガーとして関西のライブハ
ウスに出演。卒業後、音楽活動を続けながら英語教師の仕事にも従事する。
活動場を関西から東京に移し、ソロボーカリストとして老舗新宿J、NARU、六本木Satin Dol、横浜Bar Bar Bar、Dolphy 等で活動。 《山田壮晃&ビッグバンオーケストラ》の専属歌手となり、都内、各地の有名ライブハウスやレストラン、一流ホテルでのディナーショー、パーティ及びコンサート、数々のジャズフェスティバルや各イベント等に出演。
2010 年の上海万博では日本産業館のステージに1 週間連日出演し、日中親善の架け渡しに貢献。また2011年10 月には澤村美司子音楽賞 特別奨励賞 を授与される。 現在、六本木Satin Doll、All Of Me Club、Keystone Club 東京、Claps、渋谷JZ Brat etc.にて、多彩なゲストプレイヤー、ヴォーカルを迎えながらのビッグバンオーケストラの専属歌手兼マネージャーとして活動。
ビッグバンミュージックスクール、ジャム音楽院(横浜)、コナミスポーツカルチャーセンター等では、ゴスペルを含めてのボーカル講師として指導。
ビッグバンオーケストラとの共演CD 7 作品すべてに参加収録されている。ソロアルバムとしては2 作品発表している。 2008 年NY で活躍する三上クニ(P)氏のピアノトリオとの共演作「Some Other Time」を発表。

偶然のタイミングではあるが、日本全国でブームになった、ボーナス収録の「千の風になって」は、唯一の日本語バージョンである。 2012 年3 月に発表した「DOXY」はVo, P, G という変則的な編成で、マニアックなナンバーを集めたモダンなCD に仕上がっており、「ジャズ批評」誌等で絶賛されている。
歌手としての活動と同時に、コンサート、イベント等の総合プロデュースも手がけ、年2 回 2Days で開催されるミュージックフェスティバル「Strange Community」は2020 年の春で45 回目を迎え、若手から一流ベテランプレーヤーに至るまで、アマチュアを含めた多くのミュージシャンが参加している。また、日本の音楽業界に置けるジャズオーケストラの存続と活性化に真剣に取り組み、併せてジャズボーカリストや、若手音楽家の育成に力を注いでいる。
ジャズを通して学んだ感性を生かして、ジャンルを越えた新たなる世界に挑戦しつつ、どんな時代でも絶え間なく
人々に勇気と感動を与え続ける事が出来るボーカリストとして、プロデューサーとしてこれからも表現してゆきた
い。



Tp 田中哲也
立教大学卒業後プロのジャズトランペット奏者として活動開始。
現在、山田壮晃(TS)Big・Bang・Orchestra、角田健一(Tb)ビッグバンド、MALTA(AS)JAZZ・Big・Band
サムデイ・ジャズ・ビッグバンドなどのジャズオーケストラでリードトランペットを担当している。
自己のカルテット、トリオでは東京都内、首都圏のライブハウスを中心に活動しているが、全国津々浦々に行くことも頻繁である。ハイノートヒッターとして知られているが、即興演奏を中心としたジャズプレイヤーでもあり、アンサンブルを牽引するリードプレイヤーでもある。



Tp 浦田雄揮
1968年東京生まれ。10歳よりトランペットを吹き始め、洗足学園大学音楽学部器楽科を卒業。
大学在学中より東京サロンシンフォニーオーケストラにレギュラーで参加し、卒業後はモダンチョキチョキズを皮切りにクラシック以外の演奏も始め、ビッグバンオーケストラ、シャープス&フラッツ、ニューハード等ビッグバンドの仕事や宝塚・東宝・劇団四季等ミュージカル、演歌、歌謡曲等、クラシックだけではなくジャンル・編成に拘らず活動中。トランペットを古林幹男・富田梯二・久保義一の各氏と現場の諸氏に師事。



Tp 鈴木正晃
明治大学ジャズ研、ビッグバンド出身、数原晋氏に師事。ゲイスターズ等のビッグバンドでTVやスタジオの仕事の他にタレントのサポートやデキシー、スイング、ラテン等様々なジャンルで活動。
現在、角田健一ビッグバンド、デキシーキャッスル、YAA楽団、ブラスブラジル等に参加、アジアを中心に様々なジャズフェスにも参加している。


Tp 三上貴大
東京都出身。10歳のころより小学校のオーケストラ部に入部しトランペットを吹き始める。当時初めて生で聴いたプロのトランぺッターが日野皓正氏であり、そこから徐々にジャズを聴き始める。その後、昭和音楽大学に入学し、岡崎好朗氏に師事。ビバップを中心にジャズを一から学ぶとともに、学内のビッグバンドではリードパートも務める。在学中に佐山雅弘氏と共演。卒業後にはTokyo Big Bandや、C.U.G Jazz Orchestra、本田雅人B.B.Stationなどのビッグバンドに参加。また、2018年、2019年には角松敏生氏のツアーに参加する他、小野リサとも共演。現在多方面にて活動中。

三上貴大ホームページ https://takahiromikami.wixsite.com/jazzmania

Trb 花島英三郎
1963年(昭和38年)1月18日静岡県浜松市生まれ。小さい頃から 音の出る物が大好きでいじっては遊んだり壊したりしていた。 中学に入った頃から始めたトロンボーンで身をたてようと考えはじめたのは 大学に入った頃。当時、大学のクラブのOBに多くのミュージシャンがいたおかげで 4年生の頃から仕事として楽器を吹きはじめる。 以降、ダン池田とニューブリード(夜のヒットスタジオなどの歌番組のバックが メインの仕事)、 岡本章夫とゲイスターズ(8時だよ、全員集合で演奏してたバンド。 参加した時にはすでに番組は終わってました…..)、 森寿男とブルーコーツ(歴史ある名門ビッグバンド。 秋吉敏子さんや故黛俊郎さんを輩出したことでも有名) などをはじめとする数々のバンドに参加、音楽家修行の道に入る。 仕事はもっぱらビッグバンドばかりであったので、当然ながら歌謡曲の伴奏が多 かったが ジャズミュージックに限らず様々な形態の音楽に興味があったのでいろんなバン ドに参加した。 そうした活動の一方で、友人ミュージシャンの紹介で参加した自由劇場の舞台、 渋谷文化村にある シアターコクーンのこけら落とし公演「A列車」に出演。 おかげであの「上海バンスキング」や「もっと泣いてよフラッパー」「コメディ アピノキオ」 など数多くの公演にも参加してきた。 この時知り合った役者の友人達とバチカンブラザースなるパフォーマンスユニッ トを結成、活動中。


Trb 大畠宏暢
トロンボーンを亀谷彰一氏に師事。
東京コンセルヴァトアール尚美卒業後、各ライブハウス、クラブシーン等で活動中。

Trb 東條あづさ
2歳からバイオリン、10歳からトロンボーンを始め、武蔵野音楽大学にてバストロンボーン奏者の井上順平氏に師事。
卒業後フリーのトロンボーン奏者としてスタジオ録音やアーティストのステージサポート、ビッグバンド等で活動。DJ、Pianoとの3ピースバンド「wasavi」メンバー。

BassTrombone 渡辺亮
日本大学芸術学部卒業
卒業後、岩崎敏信&ブルートロンボーンズに加入をきっかけにジャズプレーヤーになる。1989年から現在まで、30年以上に渡り、森寿男&ブルーコーツオーケストラで活動を続けている。
また、ドラマーの猪俣猛 氏が率いたビッグバンド、
「The King Of Jazz」にも参加。

Sax,Cla,Fl 皆川亨
南里雄一郎&レッドペッパーズ、チャーリー石黒&東京パンチョス
宮間利之&ニュ-・ハ-ド等のビッグ・バンド、
竹田和夫&クリエ-ション等のロック・バンドを経験。
 東京ディズニ-ランドに4年間在籍。
現在、松尾明率いるテイク・テン・オ-ケストラと、山田壮晃&Big Bangオーケストラに在籍中。共に在籍20数年にわたる。
各バンドにて、海外・国内の演奏公演や、ジャズ・フェスティバルに出演。

As 小林哲男
岡山市生まれ
中学よりサックスを始める。宮本大路氏、大山日出男氏に師事。
有馬徹とノーチェクバーナを経て、アーティスト、シンガーのサポートメンバーとして活動。多数の有名アーティストのサポートから、自己のグループやオルケスタ・マドゥルガーダ、ビッグバンオーケストラ等で演奏活動中。

As 町野正志
茨城県水戸市出身。
高校からサックスを始め、原信夫 ♯&♭の鈴木孝二氏に師事。
松本文男ミュージックメーカーズ,テーマパーク,ミュージカルなどの演奏活動中。
ビッグバンオーケストラには2016年より参加。

Bs 土田さとし
1979年生まれ。
東海大学ジャズ研究会にてバリトンサックスを始める。
卒業後演奏活動を開始。
2005年にはMartha Reeves(Martha & The Vandellas)来日公演に参加。
現在は自己のグループの他「4 Baritone Saxophone Band」「山田壮晃(ts)& BIG BANG ORCHESTRA with 有桂(vo)」等のバンドで演奏活動中。

ブログ http://blog.livedoor.jp/s_tutti/
P 続木徹
1952年京都生まれ。
75年に新宿 PIT INN など都内のジャズクラブでプロ活動を開始。
84年にリーダーアルバム「ネプチューン」を残す。
85年に山岸潤史(g)、土岐英史(sax)らと「チキンシャック」を結成。通算10枚以上のアルバムを発表(メルダック)。
ジャズのみならず黒人音楽全般に、そしてキーボードワーク、スタジオ活動にも活動範囲を広げる。同時にアメリカでもレコーディング活動をはじめ、内外のアーティストと数多くのアルバムを残す。
90年代に入ってからデビッド・T・ウォーカー(g)、ジェームス・ギャドソン(ds)、山岸らと「バンドオブプレジャー」を結成。3枚のアルバムを発表(フォーライフ)。 2012年チキンシャックはBlue Note Tokyoでの2daysライブでリユニオンを果たし、翌’13年6月、23年ぶりの新譜「ChickenShack Ⅶ」(キング)をリリース。 ‘16年1月には、「バンドオブプレジャー」がBlue Note Tokyoでの3daysライブでリユニオンを果たした。
その他、自己のジャズトリオ、カルテットの他、高瀬龍一(tp)カルテット、大森明(as)カルテット、向井滋春(tb)グループ、実弟の続木力(ハーモニカ)との「続木ブラザーズ」、京都のフォークシンガー豊田勇造 とのデュオ、辻邦博(g,vo)、太田恵資(vln)らとのコラボレーション等、ジャンルにとらわれない活動を続けている。


続木 徹ホームページ http://megasameta.com/

B 新岡誠
東京生まれ。メーザーハウスにて、ウッドベースを井野信義に、理論・アレンジを佐藤允彦に師事。在校中に、伊藤君子、後藤芳子のアシストをしながら、日野元彦、国府弘子、細野義彦等とセッションを重ねる。
卒業後、レギュラーとして、横浜プリンスホテル、浦安第一ホテル、ロイヤルパークホテルなど都内外の有名ホテルで演奏。
また、新宿ピットイン、J、江古田BUDDY、六本木アルフィー、サテンドール、赤坂バードランド、横浜エアジン、立川・福生JJなどの有名ライブハウスにも随時出演。
1997~99年には、村井秀清(pf)と共に三四朗(as)グループに参加。 途中でアコースティック・トリオに姿を変え、アルバム『the way she talks…』では新しい音楽環境を提示し、話題を呼ぶ。
現在では、音楽ジャンルを越えて、コンテンポラリー・ベース・プレイヤーとして様々な新しい音楽を発信し続ける。

B 新岡誠
東京生まれ。メーザーハウスにて、ウッドベースを井野信義に、理論・アレンジを佐藤允彦に師事。在校中に、伊藤君子、後藤芳子のアシストをしながら、日野元彦、国府弘子、細野義彦等とセッションを重ねる。
卒業後、レギュラーとして、横浜プリンスホテル、浦安第一ホテル、ロイヤルパークホテルなど都内外の有名ホテルで演奏。
また、新宿ピットイン、J、江古田BUDDY、六本木アルフィー、サテンドール、赤坂バードランド、横浜エアジン、立川・福生JJなどの有名ライブハウスにも随時出演。
1997~99年には、村井秀清(pf)と共に三四朗(as)グループに参加。 途中でアコースティック・トリオに姿を変え、アルバム『the way she talks…』では新しい音楽環境を提示し、話題を呼ぶ。
現在では、音楽ジャンルを越えて、コンテンポラリー・ベース・プレイヤーとして様々な新しい音楽を発信し続ける。
G 笈沼健司
1960年東京出身
中学時代にギターを始め20歳から5年間、潮先郁男氏に師事、同時にプロとして活動を始める。数々のアーティストとの共演、グループへの参加を経て現在は東京、横浜を中心にライブ、イベント等にて、オーソドックスな正統派スタイルでソロからビッグバンドまで様々なフォーマットで演奏活動を展開中である。


YouTube https://youtube.com/channel/UC0xeobYojtxzlIXIL7hYXmw

Ds 山下暢彦
1958年東京生まれ 
幼少の頃ドラマーになることを決意。独協大学を卒業と同時に渡米して研鑽を積む。
帰国後様々な分野でオールラウンドなセンスを身に付けた後、大井貴司(vib)とグッドバイブレーション、岡安芳明(g)トリオ等メインストリーム系の人気グループに参加、全国を股にかけての大活躍をする。
「繊細緻密なドラミング」を身上とする日本では稀少な存在で、現在は五十嵐明要「ザ聞楽程」、北村英治グループ、谷口英治カルテット~セクステットなどで活躍中。